デスク日誌

あっち

 せっかくの記事がボツになってしまった。
 三陸鉄道(宮古市)が今村雅弘復興相(当時)に「三鉄オーナー証」を贈呈するというリリースが盛岡から届いた。今村氏が三鉄支援のふるさと納税として、岩手県に10万円を寄付した。オーナー証はその返礼だ。
 今村氏は東京電力福島第1原発事故の自主避難者の帰還を「本人の責任」と発言し、謝罪・撤回に追い込まれたばかり。失言癖がありそうだし、自分が3月まで盛岡勤務だったこともあって、復興庁担当の記者に取材してもらった。
 今村氏は汚名返上とばかりに「三陸のために頑張る思いを新たにした」と張り切った。自身はJR九州出身。「人、物、文化を運ぶ鉄道には人一倍、愛着がある」とも語った。原稿30行と中村一郎三鉄社長、今村氏が並んだ写真を送った。
 その日の夕刻。今村氏は所属する二階派のパーティーで東日本大震災の被害について「まだ東北であっちの方だったから良かった」と発言した。もちろん、記事は使えなくなった。
 わずか6時間前に三鉄と岩手の復興を約束したのに。意識の中ではしょせん「あっち」だったのだ。(東京支社編集部長 吉岡政道)


2017年05月20日土曜日


先頭に戻る