デスク日誌

スマート?

 会社から貸与されたスマートフォンが、全然言うことを聞いてくれない。
 電話をかけようとしたら、まず暗証番号を入れろときた。入れたら、先にメールを開け。開いても文字が小さくて老眼には読めない。拡大しようと画面に軽く触れただけなのに、メールが消えてなくなった。気を取り直して電話しようとしたら、電池が切れた。
 こみ上げる怒りをぐっとこらえ、スマホをそっと引き出しの奥にしまった。永遠にさよなら。
 だが、事はこれで終わらなかった。スマホの一斉配備に合わせ、今度は社内の各種システムを一新するという。真っ先にメール送受信の仕組みが変わった。自分で設定しなければならないのだが、できない。
 八つ当たり気味に本社の担当部署に問い合わせたら、入社間もない某君に「諦めたら駄目ですよ。応援しますから。一緒にやってみましょうよ」と諭された。半べそで指示を仰ぎ、ようやく設定完了。
 「スマートフォン(賢い電話)」とは言うけれど…。「あなた、スマート?」。こちらが試されているような気がして、なんとも釈然としない。
(盛岡総局長 矢野奨)


2017年09月14日木曜日


先頭に戻る