1897 河北新報創刊
   河北新報は明治30年1月17日、一力健治郎によって創刊された。草創期、社内は進取の気性に満ちていた。当時としては画期的な英文欄の創設、無休刊の宣言などを次々と行った。外勤記者の制服制帽着用や、全員の自転車取材を奨励し、周囲の目を驚かせた。

1907 東北帝国大学設立
   東北帝大(現・東北大)は明治40年6月22日の設立。河北新報は、東北の発展に大学の必要性を訴え続けた。

1923 関東大震災
   大正12年9月1日の関東大震災で東京は壊滅状態。河北新報の記事が福島・磐城無線局を通じて世界に打電された。

1933 「河北美術展」創設
   文化面の向上を図り、東北の美術界を大きく育てようと、昭和8年5月5日、第1回河北美術展(当時東北美術展)が開幕した。現在、70回を超える。

1936 東北振興2社設立
   第1次産業に依存する東北の生産性は低く、度々の凶作で農村は疲弊していた。河北新報は殖産興業政策の必要を強く訴え、昭和11年10月7日、東北振興を担う国策会社2社が設立された。

1945 仙台空襲
   昭和20年7月10日、仙台は空襲に見舞われた。辺り一面は火の海、社員決死の消火活動で社屋を守り、新聞発行を続けた。

1952 「河北文化賞」創設
   昭和27年1月17日、東北の発展に尽力した人々を顕彰する河北文化賞が誕生した。過去、320の個人、団体が受賞している。

1957 東北開発三法
   昭和32年5月18日、東北開発三法のすべてが成立した。河北新報は長期にわたり制定を強く働きかけた。

1960 地球縦断ドライブ
   昭和35年7月23日、河北新報社の地球縦断ドライブ隊が南北アメリカ大陸の走破に成功した。ボーン賞受賞。

1965- 1985 高速交通網整備
   東北の発展のためには新幹線や自動車道の建設が不可欠。昭和40、50年代、この悲願達成のためさまざまなキャンペーンが展開された。

1989 仙台市が政令市移行
   平成元年4月1日、仙台市は政令市の指定を受けた。東北地方の発展をけん引する都市が必要とされた。

1990 仙台空港国際化
   平成2年4月6日、ソウル定期便が就航し、仙台空港が国際化された。現在7路線。東北の国際化の拠点となっている。

1993 CI実施
   平成5年4月1日、河北新報社はスローガン「東」は、未来≠掲げ、マークも一新した。21世紀の東北と日本を見据え、あらためて創業の精神に立ち帰ろう、と刷新運動を展開した。

1997 創刊100周年

2003 河北新報印刷センター完成

2004 仙台に新プロ野球団誕生
   平成16年11月、仙台を本拠地とする東北楽天ゴールデンイーグルスのパ・リーグ新規参入が決定した。28年ぶりとなる地元球団の誕生に仙台市内は祝賀ムードに包まれた。

2005

創刊108周年 (茶寿)


2008

紙齢4万号


2011 東日本大震災
   平成23年3月11日午後2時46分、三陸沖約130キロ、深さ約24キロを震源とするマグニチュード(M)9.0、最大震度7の巨大地震が発生。大津波、原発事故・放射能汚染を引き起こし、東北地方に甚大な被害をもたらした。宮城、岩手、福島3県の太平洋岸を中心に、死者は1万5889人、行方不明者は2597人に上る(平成26年11月末現在)。
 河北新報社は、新潟日報社の全面協力を得て、当日の河北新報号外、翌日付朝刊を発行、「再生へ 心ひとつに」を合言葉に、被災者に寄り添う報道を続けている。

2013 東北楽天、日本一に
   平成25年11月3日、東北楽天ゴールデンイーグルスが星野仙一監督の下、日本シリーズを初制覇。パ・リーグ優勝の勢いを維持して読売ジャイアンツを破り、球団創設9季目で初の日本一に。



 

Copyright (c) KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.