新聞製作が、鉛活字を組み上げた職人芸に支えられたのは昔話。光と電子が取って代わり、コンピューターのネットワークが、より速く、より美しく、より大量の紙面をつくり出しています。高度情報化社会の中にあっても、急速に進展する技術を使いこなすのは、やはり「人」。現代の"職人たち"である技術陣の総力を挙げての挑戦は、きょうから明日へと続きます。

 コンピューターの性能、機能向上に伴って、実際の紙面づくりの現場も大きく様変わりしました。平成13年6月に導入された新聞製作システムWINDS(ウインズ)では、整理記者が自分でパソコン端末を操作し、ワンマン作業で記事面を組み上げます。端末操作が格段に簡単になったからです。
 WINDSは「Wizard Intelligent Newspaper Design System」の頭文字をとって名付けられました。「賢い魔法使いのように紙面を設計するシステム」の意。その名のように素早く、整理記者がイメージした通りの紙面デザインを画面上に描き出すことができます。



 WINDSは紙面を組み上げる組版システムを核に、多くのサブシステムから成り立っています。端末操作こそ簡単でも、システムは複雑で精密です。WINDSを日々管理し、確実でスムーズな紙面づくりを支えているのは技術者たち。さらに高機能で使いやすいシステムづくりを目指し、研究を重ねています。


 平成15年10月仙台市泉区の工業流通団地内に完成、16年1月本格稼働。敷地面積21,030u、鉄骨鉄筋コンクリート3階建てで延べ床面積15,998u。最新鋭の超高速タワー型オフセット輪転機と発送機器などを設備、スピードアップが図られ、カラフルな紙面になりました。地震に強い免震構造を採用、緑化や騒音防止など周辺環境との調和・共存にも十分に配慮しています。  平成18年11月30日、国際規格ISO14001に準拠して創設された地域版規格「みちのくEMS」の認証登録証が交付され、環境負荷の軽減に取り組んでいます。


 現在、最新鋭のタワー型輪転機を4セット20台(うちフルカラーの輪転機は12台)備えています。1セットは輪転機が5台連結した構成で、高さはおよそ10メートル。各セットが40ページ、カラー面は24ページまで印刷できます。印刷の速さは最大で1秒間に47部、1時間に17万部。この輪転機の特徴は「シャフトレス方式」。動力源のモーターを内蔵して連結軸(シャフト)をなくした構造で、騒音や振動を抑え、作業効率を高めています。




Copyright (c) KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.