河北新報特集紙面2014

2015年3月22日 河北新報掲載 閖上追悼イベントで飾る絵灯篭作り 語り部たちの話を聞いた。みんなで力を合わせて作った。レポート

鎮魂と復興を願うボランティア活動プロジェクト 閖上追悼イベントで飾る絵灯篭作り 語り部たちの話を聞いた。みんなで力を合わせて作った。レポート

 絵灯篭作り 参加者全員のコメントはこちら

宮城農高生による語り部ガイド スマートグラスによるAR体験も

被災地のために今何ができるかを、読者の皆さん、賛同企業の皆さんとともに考え、行動している「今できることプロジェクト」。2月28日に、「3.11閖上追悼イベント実行委員会」の協力により「追悼イベントで飾る絵灯篭を組み立て製作するボランティア活動」に参加しました。
当日、絵灯篭製作に先立って、被災地閖上の現状を見学。閖上地区で被災した宮城県農業高校の生徒さんたちが、語り部として案内してくれました。語り部をつとめたのは食品化学科の生徒と実習助手山根正博さんら。地元閖上を思い、語り部として多くの人に閖上の今とこれからを伝えようと活動しています。

語り部ガイドをしてくれた宮城農高の皆さん

最初に訪れた閖上小学校前にて

今回の案内では、生徒有志が企画したAR(拡張現実)映像をスマートグラスで体験することができました。AR映像は、今立っている場所の震災直後の映像を360度で見ることができるというもの。参加者たちは閖上小学校、閖上中学校、日和山の3カ所で震災直後のAR映像を体験し声を出して驚いていました。

AR映像を体験する参加者の皆さん

生徒14人が犠牲となった閖上中学校前の献花台にて

日和山にて。被災した「佐々直」旧工場と名取市が建立した慰霊碑

日和山がある周辺一帯は非居住区域として復興計画が進められる

絵灯篭4面の台紙に1枚1枚、丁寧に絵を貼っていく作業。集中して何枚も続けると、けっこうきつい作業でした。それでも、みんなで楽しく助け合って、目標達成。参加者の皆さん、長時間、お疲れさまでした。

大きな被害を受けた閖上 その追悼の気持ちを込めて

閖上地区の被災状況と復興計画について、名取市震災復興部職員の方や「3.11閖上追悼イベント実行委員会」より説明があり、参加者の皆さんは真剣に聞き入っていました。「絵を描いてくれた皆さん、さまざまなボランティアの皆さんとの『共創』で成り立っています」と実行委員長・佐々木悠輔さん。

絵灯篭製作会場となった
パナソニック(株)仙台工場(名取市)にて

話をしてくれた
名取市震災復興部職員の方々

全国から寄せられた絵や書1枚1枚丁寧にのり付け

実行委員会・武田堆雄さんの指導で絵灯篭製作がスタート。枠のある台紙に絵をのり付けします。「のりは木工ボンドを薄めて、筆で塗りますよ」と説明があり、参加者は作業手順によって2人1組になったり、担当の持ち場に別れたりして作業をしていきます。貼り終わった台紙は、床に並べて乾燥。乾いたものから、組み立てやすいように折れ目をつけていきます。この日で合計約2,000セットを作成。目標を達成することができました。

武田さんがお手本を見せる

世代を超えて、共に創る

一心不乱に作業に集中

丁寧に、きれいに、じっくり

4面を組み立てた状態

完成した絵灯篭は床に並べて試験点灯

電子絵灯篭の絵の差し替えも行われました。電子絵灯篭は、風がある日でもあかりが消えないようにとパナソニック(株)仙台工場の協力で製作したもの。この日完成した電子絵灯篭が並べられ、照明を落として試験点灯。あかりが灯された絵灯篭を、参加者たちは感慨深く見つめていました。

電子絵灯篭の絵の差し替え作業

絵、書、表情豊かな絵柄が並んだ

「多くの犠牲者のために、
これからも」と
話す佐宗さん

この先も絶やしたくない閖上追悼のあかり

3.11閖上追悼イベント実行委員会事務局 佐宗美智代さん

「閖上では、土地をかさ上げして市街地を再建する事業が昨年から始まっていて、被災した閖上小学校と閖上中学校の校舎は解体されます。光の道として電子絵灯篭を飾ってきた閖上五差路から日和山に至る道路も工事区域となります。小学校・中学校の前で祈りを捧げ、光の道を追悼のあかりの道としてきましたので、それがなくなると思うと残念でなりません。今年の3月が今のやり方でできる最後の機会となりました。ただ、全国の方がこの追悼の行事をやめないで、と応援してくださいます。どうにかして続けたいと私たちも考えているところです」

静岡県沼津市
杉山まゆ美さん(41)

風化させないためまずは行動を

地元で行われているボランティアツアーに参加し、閖上には何度か来たことがありました。今は仮設住宅に花を植えるなどの活動をしています。絵灯篭の組み立てはいろんな人の思いに触れることができるためとても楽しく作業できました。大事なのは行動すること。これからもさまざまなボランティアに参加し、風化させないよう努めていきたいと思います。

仙台市青葉区
奥崎ひろみさん(47)
琉那さん(14)

大切なのは、実際に足を運ぶこと

宮城県農業高校の生徒さんたちなど、普段聞くことのない現地の方々の生の声を聞くことができたのがとても印象的でした。住んでいるところからは近くても、その場所に行ってみないと分からないこと、実感できないことというのはたくさんあります。子どもと一緒に考えていくためにも、今後このような機会があったらまた参加してみたいです。

生命保険協会宮城県協会
小座間宏さん

企業として、個人として 被災地の役に立ちたい

県内の他の地域に比べ、閖上は復興が遅れていると聞きます。今回は宮城県農業高校の生徒さんたちや現地の方々のお話を聞き、閖上にはまだ多くの支援の手が必要なのだと思いました。絵本や福祉巡回車の寄贈など、企業としてできる取り組みは今後も継続していく予定です。また一個人としても、被災地に対し何かの役に立ちたいと考えています。

みんなで作った絵灯篭で3月8日、11日に追悼行事

「3.11閖上追悼イベント2015」が、3月8日閖上小学校会場で、3月11日閖上中学校会場で、それぞれ開催されました。8日は、閖上小学校校庭に絵灯篭のほかキャンドルを灯し、閖上五差路から日和山に続く約1.2kmに絵灯篭による光の道ができました。11日は、閖上中学校北側で絵灯篭を灯し、中学校から閖上公民館跡地まで光の道をつくりました。

閖上小学校校庭に灯された絵灯篭

「絵灯篭作り」参加者の皆さんの声をお伝えします。

※年齢はツアー当日の年齢です。

写真をクリック!

仙台市泉区 川名 有希さん(18)

仙台市泉区 川名 有希さん(18)

宮城県農業高校の皆さんの話を聞き、あらためて、自分には何ができるかを考えたいと思いました。高校生が訪れて被災地の魅力を発見し、ツアーを考えるという取り組みもあったらいいなと思います。絵灯篭作りではぜひ自分も何かを書き、被災地の方々に気持ちを伝えたいと思いました。

仙台市泉区 岩間 春菜さん(18)

仙台市泉区 岩間 春菜さん(18)

震災当時のままの小・中学校を見て言葉を失いましたが、一方今回のボランティアを通し私は「宮城の今」を知ることができました。たくさんの命が奪われ、たくさんの人の思い出も未来も奪われた震災ですが、命がある私たちにはまだやれることがあると思います。たくさんの人がともに何かを作り、笑顔で過ごせる時間があることはとても素敵なことだと思います。

静岡県沼津市 杉山 まゆ美さん(41)

静岡県沼津市 杉山 まゆ美さん(41)

私は浜松の旅行会社が企画するボランティアツアーで仮設住宅に花を植えるなどしています。今回「今できることプロジェクト」に参加して、現地の方々の「忘れ去られるのがつらい」という言葉を聞き、あらためて続けていかなければならないのだと感じました。忘れていないのだということを、行動を通して伝えていけたらいいなと思います。

宮城県富谷町 菊池 紅子さん(49)

宮城県富谷町 菊池 紅子さん(49)

絵灯篭作りは思った以上に難しいものでしたが、とても楽しく、参加して良かったと思いました。東北大学の中国人留学生と交流する中で、「震災どうなの?」と聞かれることがよくあります。私自身詳しくはわからなかったので、今回のボランティアを通じて伝えられたらと思っています。これからも被災地支援に関わるイベントがあったときにはぜひ参加したいです。

名取市 宮田 真奈美さん(27)

名取市 宮田 真奈美さん(27)

ふだんから、被災児童の支援や被災動物の支援のほか、音楽を通じて社会貢献活動を行うロックコープスのボランティア活動など行っています。今回のボランティアは、特に被災地の状況を見聞きしたあとでボランティア活動を行うのがとても素敵だと思いました。ツアー型や、費用が安いなどの参加しやすいボランティアが今後増えていったらいいなと思います。

仙台市青葉区 武藤 唯華さん(22)

仙台市青葉区 武藤 唯華さん(22)

被災地の現状を目の当たりにし、想像していたよりもずっと長いこと時が進んでいないように感じました。仕事を通して災害公営住宅などに関わることもありますが、実際に被災地の方の話を聞き、自分がしていることの責任の大きさを実感しました。今回のような支援活動があったら、またぜひ参加したいです。

仙台市太白区 小野寺 結香さん(29)

仙台市太白区 小野寺 結香さん(29)

14時46分で止まったままの閖上中学校の時計が印象的でした。4年経ったとは思えず、震災の爪痕やその影響が生々しく残っている一方、今もまだ復興が十分に進んでいない様子を実感することができました。今回のボランティアを通し、今後は復興に向け、自分が「今できること」を進んで行っていきたいと思います。

仙台市青葉区 奥崎 ひろみさん(47)

仙台市青葉区 奥崎 ひろみさん(47)

震災から4年が経ち、少しずつ風化していく中で「まだまだボランティアが必要だ」と聞いても、何をしたらいいのかわからなかったのですが、今回参加してみてさまざまな形のボランティアがあるのだなと実感しました。そしてもっと多くの人が関わればいいなと思いました。自分の目で見ないとわからないことを知る、貴重な機会になりました。

仙台市青葉区 奥崎 琉那さん(14)

仙台市青葉区 奥崎 琉那さん(14)

震災当時は小学生でした。閖上中学校では今の私と同い年の子が亡くなっているという事実を聞き、とても悲しくなりました。また目の前で人が亡くなっていくというお話を聞いたとき、言葉を失くしました。震災で起きたこと、津波の被害を忘れず、これからも生活していきたいと思います。

登米市 白石 喜久夫さん(61)

登米市 白石 喜久夫さん(61)

去年の3月まで宮城県農業高校の教員をしていたので、今回生徒たちが自分たちにできることをきちんとこなしている姿を見てとても嬉しく思いました。また絵灯篭製作ではさまざまな人たちの想いに触れることができました。その想いを被災地につなげるという役目を担ったことに、意義を感じた1日でした。

仙台市青葉区 長江 泰さん(54)

仙台市青葉区 長江 泰さん(54)

震災のことが気になり、昨年岡山から仙台に来ました。今回は若い人たちが多く集まっていたことに希望を感じましたし、語り部として来ていた高校生の皆さんもしっかりしていたと思います。あらためて人のつながりが大事なのだなということを実感しました。今後も震災を風化させないよう、今回のような取り組みに参加していけたらと思います。

宮城県色麻町 石原 夏海さん(27)

宮城県色麻町 石原 夏海さん(27)

少しずつ復興は進んでいるもののまだまだ支援が必要な状況が伝わりました。町の復興を支援するのも必要ですが、心の復興を支援することもまた大事なのだと思います。時が経つにつれ震災の記憶が薄れていく中、今何をすべきなのかを考えさせられた1日でした。復興のために自分ができることを行っていきたいと思います。

仙台市太白区 島田 ひとみさん(64)

仙台市太白区 島田 ひとみさん(64)

何かの役に立ちたいと思いながらも、年齢的・肉体的に難しく、足も悪いためなかなかボランティアというものに参加する機会はありませんでした。そのため今回のように、今できる、私にもできるボランティア企画はとてもありがたかったです。このようなボランティアが今後増えていくことを望みます。

仙台市泉区 村山 祝子さん(61)

仙台市泉区 村山 祝子さん(61)

震災は身近なところで起きていたにもかかわらず、これまでなかなかボランティアに参加することができずにいました。今回は私でもできるボランティア企画であったため、とても感謝しています。今後もできる限りボランティア活動に参加していきたいと思います。また今回は宮城県農業高校の生徒さんたちに頭が下がる思いがしました。

仙台市宮城野区 田中 勢子さん(61)

仙台市宮城野区 田中 勢子さん(61)

ふだんからゲームを通して防災・減災を学び、自助・共助を身につけ「生き抜く力」を啓発している団体の中で活動しています。今回は友人に誘われて参加しましたが、高校生たちによる語り部で胸がいっぱいになりました。絵灯篭作りではいろんな方の思いが込められており、お手伝いできたことをとてもうれしく思います。

塩竈市 福士 實美さん(57)

塩竈市 福士 實美さん(57)

定年を機に森林ボランティアを始めました。今回のように誰にでもできるようなボランティアには積極的に参加していきたいです。またとても楽しく作業することができたので、来年も同様の企画があったらぜひ参加したいと思いました。今後は自分のやっている森林ボランティアを生かし、防風・防潮林の植栽活動を通して支援していきたいです。

仙台市太白区 永山 大貴さん(17)

仙台市太白区 永山 大貴さん(17)

自分にもできるようなボランティアの活動があれば、たくさんやりたいと思っていました。何か人のためにできることをやりたいと思っていたので、今回の追悼の意味が込められた絵灯篭作りに参加してよかったと思います。あらためて、震災を風化させてはいけないと思っています。

埼玉県坂戸市 中庭 雄二さん(74)

埼玉県坂戸市 中庭 雄二さん(74)

以前より関係の深かった石巻、仙台、名取、岩沼の復興に関心を持っています。震災から4年になる今、1人でやれることは限られていて、このようなボランティアイベントへの参加ぐらいと思います。今回参加できて、ほんとうにいい経験ができました。来年以降もぜひイベントを継続してください。

多賀城市 三浦 竹子さん(54)

多賀城市 三浦 竹子さん(54)

あの日があったから、今大切にできることがあると、あらためて思いました。あの日から後悔しない生き方をしたいと思っていましたが、忙しさに時々流されてしまうことも…。今日は参加してほんとうによかったです。これからも「共創」が続いていきますように。

宮城県大和町 髙橋 陽子さん(44)

宮城県大和町 髙橋 陽子さん(44)

復興商店街での購入による支援は行っていました。今できること…。自分1人では微力であり、何が必要で、いつ必要なのかもよくわからないので、「今できることプロジェクト」のこういう活動は、とてもありがたいと思いました。おつかれさまでした。

宮城県大和町 髙橋 瑞生さん(16)

宮城県大和町 髙橋 瑞生さん(16)

閖上の様子を見て、復興はまだまだ時間がかかるなと実感しました。

宮城県大和町 髙橋 彩佳さん(14)

宮城県大和町 髙橋 彩佳さん(14)

また、ボランティアに参加してみたいです。

宮城県大和町 髙橋 澄子さん(72)

宮城県大和町 髙橋 澄子さん(72)

閖上に来てみて、まだまだ復興が遅れていることに、あらためて気づかされました。

仙台市宮城野区 武井 昌彦さん(62)

仙台市宮城野区 武井 昌彦さん(62)

被災地ツアーへの参加や、今回のようなイベント準備のお手伝いをしたいと思っています。今回は、妻が新聞で募集していたのを見つけて夫婦で参加しました。参加してみて、宮城県農業高校の皆さんのガイドに感動しました。もし次の機会があれば、また参加したいです。

仙台市宮城野区 武井 肇子さん(55)

仙台市宮城野区 武井 肇子さん(55)

宮農の生徒さんのガイドがとても素晴らしかったです。作文の朗読も心打つものがあり、涙ぐんでしまいました。絵灯篭作りは、私にもできるボランティアと思いました。また、機会があったら参加したいと思っています。

仙台市泉区 佐々木 千秋さん(53)

仙台市泉区 佐々木 千秋さん(53)

ボランティアは2つの方向があると思います。被災地のものを購入して宮城県をもり立てる方向と、現地に行ってボランティアに参加する方向。そしてこれからのボランティアは、宮城県民は宮城県民を助けるボランティアを行い、県民全体で盛り上げていくことが大切だと思います。

仙台市太白区 金 順烈さん(75)

仙台市太白区 金 順烈さん(75)

被災地の方と直接話し合い、私たちができること、一緒にできることを学び、生きがいを見つけたいと思っています。今回はただ、作業をするだけ。疲れ果てました。楽しく話し合いながらできる作業であってほしい。もっと自由に意見が言える時間、場所がほしかったです。

仙台市青葉区 藤巻 眞起子さん(62)

仙台市青葉区 藤巻 眞起子さん(62)

2013年の時に一度灯篭の絵を送ったことがあり、今回は2回目の関わりになりました。どんな作業をするのかと楽しみにしながらの参加でした。その中で、県外の人がたくさん、目の前にいるということが、すごいなと思いました。いろんなところで、ボランティアの人々を見てきました。とっても頭が下がります。

仙台市太白区 安藤 清子さん(58)

仙台市太白区 安藤 清子さん(58)

ボランティアは1人では参加しにくいので、今回参加してよかったです。閖上は以前は遠くに感じていましたが、今回で身近に感じられました。震災のこわさ、震災で多くの人が亡くなり、希望をもてなくなるということを、あらためて再確認しました。それを多くの人々に伝えていけるようにしていきたいと思います。

多賀城市 後藤 美穂さん(51)

多賀城市 後藤 美穂さん(51)

いっしょに作業をした人たちが以前からの知り合いだったように感じ、みんなでひとつの事に取り組むという楽しさと、できあがった時の感動がとてもよかったと思います。スタッフの皆さまの努力がとても感じられ、たいへんだけれどもとても有意義な活動を続けていると、頭が下がる思いでした。

白石市 佐藤 憲一さん(81)

白石市 佐藤 憲一さん(81)

ボランティア歴40余年、いろいろなことに参加して、特に環境美化に従事してきました。昨年からは、河北新報紙上で知ったのを機会に、亘理町の海岸の復旧にボランティアで参加しています。今回は名取に息子がいる縁もあり、閖上のボランティアに参加しました。

仙台市太白区 菅 誠吾さん(68)

仙台市太白区 菅 誠吾さん(68)

いろいろなボランティア活動の大切さについては関心を持っています。今回は絵灯篭作りということでしたが、紙を糊付けしたり、一生懸命に楽しく活動できました。

宮城県松島町 井上 晋一さん(42)

宮城県松島町 井上 晋一さん(42)

日本三景を抱える広島県廿日市市から松島町に復興支援に来ています。昨年の10月から6カ月間の任期です。短い期間ですが、少しでも復興のお手伝いをしたいと思っています。被災地の状況は現地に来ないとわからないので、今回は閖上の実際の状況を見聞し、感じることができてとてもよかったです。

宮城県松島町 藤井 直さん(27)

宮城県松島町 藤井 直さん(27)

私も広島県廿日市市から松島町に復興支援に来ています。今回は閖上でのボランティアに参加して、手を動かし、体を動かすことで、少しでも閖上地域と震災で犠牲になられた方々に対してお手伝いできたのではと思います。宮城県農業高校や全国の大学生もいて、若い人たちがボランティアに参加するのはほんとうに大切と実感しました。

宮城県大河原町 加茂 正志さん(64)

宮城県大河原町 加茂 正志さん(64)

震災から4年経ちますが、現地を見て、まだまだ復興はこれからとの思いがいちだんと感じられます。今回、このようなボランティア活動に初めて参加しましたが、いい体験ができたと思います。

仙台市太白区 佐伯 茂さん(66)

仙台市太白区 佐伯 茂さん(66)

初めてボランティアらしいことに参加しました。皆さん、素晴らしいことをしているなと思いました。静岡から来た方と隣り合わせになり、遠くから宮城のため、閖上のために来ていただきほんとうにありがたいと思います。素晴らしいプロジェクトだと思いますので、ぜひ続けてください。

仙台市若林区 阿刀田 博明さん(67)

仙台市若林区 阿刀田 博明さん(67)

ふだん民生・児童委員活動をしています。今回の作業は、けっこう力仕事と感じました。夫婦で参加しましたが、同じ活動を分かち合いながら行うことができ、充実した時間でした。閖上に人々が戻り、新しい町づくりが進むよう念願しています。

仙台市若林区 阿刀田 惠子さん(65)

仙台市若林区 阿刀田 惠子さん(65)

初めてのボランティア体験でした。皆で力を合わせて目標を達成できたので、ほんとうによかったと思います。そして最後に試験点灯を見せていただき、感動いたしました。絵灯篭が飾られる3月8日、11日は、お天気であるよう願っています。

仙台市太白区 伏見 駿さん(19)

仙台市太白区 伏見 駿さん(19)

被災地復興について他県の大学生と意見交換したりしています。今回、閖上での活動に参加してみて、この地域は他の被災地に比べて復興が遅いと思いました。宮城県農業高校の高校生たちが自分でプロジェクトを考えて実行しているところが素晴らしいと思いました。

仙台市太白区 山川 竜輝さん(19)

仙台市太白区 山川 竜輝さん(19)

ふだんは名取市にある仮設住宅への支援を中心に活動しています。今日は、いつもと違って、さまざまな年代の方といっしょに活動でき、いろいろな話を聞きながら、楽しくボランティアを行うことができました。

リコージャパン 石嶺 正夫さん

リコージャパン 石嶺 正夫さん

今回良かったのは参加型だったことだと思います。皆さんの思いが詰まった絵灯籠を完成させ、イベントよりひと足先にそこに明かりを灯したとき、そこに込められた気持ちを実感し、参加させてもらってありがたいと感じました。東京はオリンピック一色ですが、オリンピックは東北の復興と一緒に成功させるものなのだということを伝えていきたいです。

リコージャパン 秋幡 誠さん

リコージャパン 秋幡 誠さん

いろんな被災地を回ってきましたが、復興という点で今回あらためて閖上地区がいちばん遅れているのだなということを実感しました。閖上の復興が早く進むよう、今回のようなボランティア活動などに、少しでもいいから自分も参加し、復興に寄与していければと思いました。震災を風化させないための取り組みをこれからもしてきたいです。

生命保険協会宮城県協会 小座間 宏さん

生命保険協会宮城県協会 小座間 宏さん

日和山近くの「こどもハウス」は、私どもで行った募金などで寄贈させていただいたものです。今回は宮城県農業高校の生徒さんのAR眼鏡を使った案内で震災の爪痕を見ながら震災当時を思い出しました。あの時から4年が経ちますが、さらに宮城が元気になるために、微力ながら何かしたいと思い参加しました。本日の絵灯篭作りで3.11にひとつでも多く灯がともれば幸いです。

ⅠHⅠ 小林 正樹さん

ⅠHⅠ 小林 正樹さん

仕事柄、被災地復興に力を尽くしています。今回は絵灯篭作りに参加し、一人ひとりの力が結集することによって、大きな成果が得られるということがあらためて感じられました。これからも、今できることを意識し、少しでもお役に立てるよう努力していくつもりです。

今回の「今できること」の紙面をPDFで見る