河北新報特集紙面2015

2015年12月13日 河北新報掲載
レポート ボランティア型支援プロジェクト 復興の灯を一緒につくった

レポート ボランティア型支援プロジェクト 気仙沼イルミネーション作りボランティアへの参加 復興の灯を一緒につくった

「今できることプロジェクト」では、今年度のボランティア型支援として、気仙沼イルミネーションのイルミネーション作り・設置作業を行うボランティアバスツアーを11月21日に実施しました。イルミネーションは、震災後真っ暗で人が近寄らなくなった気仙沼の内湾地区に明かりを灯し、子どもたちに笑顔になってほしいと「ONE-LINE 気仙沼クリスマスイルミネーション」実行委員長の宮井和夫さんが中心になって2012年から開催してきました。毎年イルミネーション設置作業のボランティアが足りない状況でしたが、今回プロジェクトの参加者50人が4時間近く屋外で一生懸命作業をしました。

【動画】今できることプロジェクト2015「ボランティアバスツアー」

これからも皆さんとの奇跡の出会いを大切に

作業開始に先立ち宮井和夫さんら実行委員会の方々が設置方法を説明。参加者は指導を受けながら作業しました。終了後、一部試験点灯された「海の市」前で、宮井さんから「皆さんのおかげでたくさんの電球が付きました。今日の出会いを大切に、またお会いできることを楽しみにしています」と感謝のあいさつがあり、大きな拍手に包まれました。この日一日で、全体の約15%の作業を終えることができました。

作業の内容を説明する宮井実行委員長

作業終了後、宮井さんのあいさつを聞く参加者の皆さん

12/5 みんなで作った光が点灯

「ONE-LINE 気仙沼クリスマスイルミネーション」の今年の点灯式は、12月5日(土)午後7時より、参加者も作業を行った「海の市」駐車場にて開催されました。

気仙沼イルミネーション

2016年1月15日(金)まで開催

◎開催時間/18:00〜22:00
◎ 開催エリア/気仙沼の港町地区、田中前地区

復興に向かう気仙沼を見てください

ボランティア作業に先立って、鹿折見学台や建設中の防潮堤などを訪れ、気仙沼の被災状況と復興の様子を見学しました。案内役は、気仙沼観光コンベンション協会の熊谷俊輔さん。「気仙沼は津波の後で大火災があり、大変な被害でしたが、復興に向かって動き始めています。気仙沼の魅力はたくさんあるので、またぜひ訪ねてください」と話してくれました。

慣れるまで大変 でも楽しい

2~3人でチームを組み、階段手すり、岸壁沿いや駐車場周辺、緑地帯など各所に別れて作業を実行。電線が絡まないように丁寧に、そして接続はしっかりと。

おいしいね気仙沼の味わいお弁当タイム

日が暮れるまで作業 試験点灯でみんな感激

力を合わせて一心に行ったイルミネーション配線作業。日が暮れるまで頑張りました。階段手すりに配線した「海の市」の試験点灯で明かりが灯された時は、参加者一同大感激でした。

「寄付」にも、ぜひ参加を!

イルミネーションを継続していくためにはまだまだ資金が不足しています。
「寄付」にぜひご協力ください。

ファンドレイジングサイト「 JustGiving(ジャストギビング)」 http://japangiving.jp/p/1749

気仙沼ボランティア 参加者の声

自分の目で被災地の今を感じることができた。

震災の時はそれぞれ石川県と群馬県で中学生でした。今年、仙台の大学に進学して友だちになりました。仙台に来たからには、とこれまでも復興関係のワークショップに参加してきました。今日は報道を通して見るのではなく、自分の目で被災地の様子を感じることができてよかったです。作った灯で少しでもみんなが喜んでくれたらいいなと思います。

仙台市 根岸怜那さん(左)、仙台市 田中佑奈さん(右)

きれいな明かりをみんな見てくれるといいね。

福島県郡山市で被災して、会津や他の地域に何度も移り、家族が離れて生活した時期もありました。今は仙台で家族一緒に暮らせているので何よりです。気仙沼にみんなで来たのは初めてですが、復興はなかなか進んでいないと感じました。今日はこどもたちと楽しく作業をして「いろんな人が見てくれるといいね」と話し合いました。

仙台市
加藤隆さん(後列右から)、純子さん
綾華さん(前列右から)、遥華さん、颯人さん

初めてのボランティアで願う 地元の復興とこどもの成長。

地元気仙沼に帰ってくるたび、何か自分にできることはないかと思っていましたが、なかなかきっかけがつかめませんでした。今回こそは何か手伝いたいという想いを胸に、一緒に参加した自分のこどもの成長も願って応募しました。私たちが飾り付けたイルミネーションで、気仙沼の方々の心を癒やせたら幸いです。

仙台市
千葉厚子さん(左)、千葉桜子さん(右)

友だちと一緒に参加して気仙沼をもっと元気に!

大学生の友人たちを誘って、8人で参加しました。お話を聞きながら「ONE-LINE 2015」の実行委員会の方々の熱い想いも伝わってきたし、作業もとても楽しかったです。何よりイルミネーションやボランティアを通して「もう一度気仙沼に来たい」と思ってもらえたら、気仙沼出身者としてうれしいです。

仙台市
菊田真由さん(代表者/後列左端)、
下山礼美さん、中村実愛さん、沢田石宗頼さん、小野寺桃子さん、
竹重詩史さん、藤原香帆さん、大野香奈恵さん

復興がどこまで進んでいるか 街の様子に複雑な気持ち。

私は仮設住宅生活も経験しましたが、今はようやく新しい土地での生活が始まっています。これまでさまざまなボランティア活動をしてきましたが、気仙沼を直接見た印象は、復興がここまで進んだかという気持ちと、まだここまでかという気持ちが半ばして、複雑なものでした。気仙沼に光を灯すボランティアは、とてもいいことだと思います。

仙台市
上床敬一さん

今日の作業でこどもが何か感じてくれればうれしい。

気仙沼は以前勤務地だったので感慨深いです。今日は家族で楽しく作業し、ほかの方たちとも一体感が感じられてうれしかったです。私たちがやった作業はささやかなことだけれども、気仙沼の人が「きれいだね」と思ってくれるだけでもいいなと思いました。こどももがんばって作業をして、自分なりに何かを感じてくれたと思います。

仙台市
鈴木崇洋さん(左)、鈴木里美さん(右)、鈴木晴琉さん(中)

自分にできることを小さなことでも少しずつ。

震災からもうすぐ5年が経とうとし、自分でも何かできることはないかと探していたところに、「今できることプロジェクト」の募集を見付けて応募しました。短い時間の中での活動でしたが、少しでも気仙沼の方の力になれたように感じます。これからも復興に向けて自分にできることを探し、どんどん参加していきたいと思います。

仙台市
伏見侑恵さん

まだまだ復興途中だけど地元の方の力強さに感動。

会社の同僚に誘われる形で参加しましたが、ガイドの方のお話を聞いたり、自分で湾岸の様子を見た限りでは、復興にいたるにはまだまだこれからなんだな、ということがよく分かりました。今度は自分たちで飾り付けたイルミネーションが町を照らしているところを見に、そして気仙沼の海の幸を楽しみにしながら、また来たいと思います。

亘理町
北原伸一さん

東北復興の一助になればと参加しました。

今日は気仙沼のイルミネーション作りの作業に参加させてもらい、かなりの数を作りました。みんなで作ったので、ぜひ光るところも見てみたいと思いました。当社が運営するソーシャルギフトサービスという新しい試みによって、今回の気仙沼など地域の特産物がより活発に流通することで、東北の復興に貢献できればと思っています。

SKプラネットジャパン
武藤崇雄さん

2度目の気仙沼訪問で楽しいボランティア。

気仙沼は2度目の訪問になります。飾り付けではとても楽しく作業することができましたし、試験点灯している様子を見たときにはとても感動しました。今回の活動を通し、少しでも気仙沼の方々に関われたことがうれしかったです。次はイルミネーション開催時期に、また見に来たいと思います。

SKプラネットジャパン
土井花野さん

今回の「今できること」の紙面をPDFで見る