全国・海外のニュース

<シャープ>業績上方修正 原材料の価格低下

 経営再建中のシャープは17日、2017年3月期連結決算の業績予想を上方修正し、営業利益が従来の373億円から474億円に、純損益の赤字額が372億円から271億円に改善する見通しだと発表した。原材料の調達価格が低下し、売上原価が減少するため。
 経常損益も2億円の赤字から99億円の黒字に改善し、14年3月期以来、3年ぶりに黒字転換する見通し。売上高は前期比16・7%減の2兆500億円とする従来予想を据え置いた。
 シャープは傘下入りした台湾の鴻海精密工業との協業による費用削減が進み、3日に17年3月期の業績予想を上方修正したばかり。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年02月17日金曜日


先頭に戻る