全国・海外のニュース

<志賀原発>事務所でぼや 給水器燃える

 17日午前7時15分ごろ、北陸電力志賀原発(石川県志賀町)構内にある仮設事務所でウオーターサーバー付近が燃えるぼやがあり、北陸電の化学消防隊が消し止めた。事務所は当時無人で、けが人はいなかった。原子炉建屋など周辺施設への影響はなかった。
 北陸電によると、事務所は1号機原子炉建屋から南に約250メートル地点にあり、協力会社が火災対策工事を進めるため使っていた。サーバーのほか、近くにあったパンフレットが燃えたり、壁が焦げたりした。
 近くを通りかかった協力会社の社員が発見し、通報した。地元消防が火災原因を調べている。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年02月17日金曜日


先頭に戻る