全国・海外のニュース

<モーグル>堀島が日本男子初の金

 【シエラネバダ(スペイン)共同】フリースタイルスキーの世界選手権は8日、スペインのシエラネバダで開幕し、モーグルで初出場の19歳、堀島行真(中京大)が日本男子では初の金メダルを獲得した。日本勢の優勝は、2009年猪苗代大会で女子のモーグルとデュアルモーグルを制した上村愛子以来。
 2月の札幌冬季アジア大会2冠の堀島は予選を1位通過し、上位18人による決勝1回目を2位で突破。上位6人の決勝2回目で88・54点を出し、ミカエル・キングズベリー(カナダ)ら強敵を抑えた。女子はブリトニー・コックス(オーストラリア)が初優勝した。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月09日木曜日


先頭に戻る