全国・海外のニュース

「女性いない日」全米抗議 大統領へ抵抗訴え

8日、ワシントンの連邦議会議事堂前で、国際女性デーに合わせて記者会見する民主党のペロシ下院院内総務(右)(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク、ワシントン、ロサンゼルス共同】トランプ米大統領の女性や移民に対する姿勢が差別的だとして抗議する行進や集会が8日、全米各地で行われた。1月の大統領就任式翌日に抗議活動を展開した活動家らが、国際女性デーに合わせて「女性がいない日」と銘打ち、ゼネストを呼び掛けた。AP通信によると、女性の欠勤により一部の学校で授業ができなくなったり、裁判所が閉鎖されたりした。
 ニューヨークの広場では、赤いシャツを着た女性ら数千人が「性差別を追放せよ」などと書かれたプラカードを掲げた。道路を封鎖しようとして座り込んだ約10人が警察に拘束された。


関連ページ: 全国・国外 国際

2017年03月09日木曜日


先頭に戻る