全国・海外のニュース

児童ポルノ被害最多更新 「自画撮り」36%

 全国の警察が昨年1年間に摘発した児童ポルノ事件の被害者は1313人(前年比45・1%増)で、過去最多を更新したことが9日、警察庁のまとめで分かった。摘発の件数の2097件(8・2%増)、人数の1531人(3・2%増)も、これまでで最も多かった。統計は2000年に開始した。
 被害の態様別では、だましたり、脅したりして裸を撮らせてメールなどで送らせる「自画撮り」が36・6%の480人で最も多かった。次いで盗撮が32・4%の426人、児童買春・淫行行為が14・2%の186人。
 自画撮りの被害者の約8割が加害者と面識がなかった。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月09日木曜日


先頭に戻る