全国・海外のニュース

<神戸女児殺害>無期に減刑 一審の死刑破棄

神戸市長田区の小1女児殺害事件の控訴審判決が言い渡された大阪高裁の法廷=10日午前(代表撮影)

 神戸市長田区で2014年、小学1年の女児=当時(6)=を殺害したとして殺人や死体損壊・遺棄、わいせつ目的誘拐の罪に問われた君野康弘被告(50)の控訴審判決で、大阪高裁は10日、裁判員裁判の一審神戸地裁が言い渡した死刑判決を破棄、無期懲役に減刑した。
 主要な争点は被害者1人の事件で死刑を適用することの是非。09年の裁判員制度開始以降、被害者1人で死刑とした4例目の事件だが、既に高裁判決が出された過去2件と同様に死刑適用は認めなかった。
 高裁の樋口裕晃裁判長は「殺害が当然の結果と見ることはできず、偶発的な面を否定できない」と指摘した。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月10日金曜日


先頭に戻る