全国・海外のニュース

春以降、エルニーニョも 気象庁の監視速報

 気象庁は10日、南米ペルー沖の海面水温が基準値より0・5度高くなったとする監視速報を発表した。高い状態が続けば異常気象の原因とされる「エルニーニョ現象」が発生する可能性がある。
 気象庁によると、現在はエルニーニョも、海面水温が低くなる「ラニーニャ」も発生していない平常の状態。このまま平常が続く確率の方が高いが、2月時点の予測より海面水温が上昇しており、春から夏にかけてエルニーニョになる可能性も40%程度あるという。
 2014年夏から16年春までエルニーニョが続いた際には、日本では16年の年平均気温が過去最高を記録するなどの影響が出た。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月10日金曜日


先頭に戻る