全国・海外のニュース

漁船8隻が流氷で動けず、羅臼沖 浸水被害なし

流氷に阻まれ動けなくなった漁船=11日、羅臼漁港から南南東に約1キロの根室海峡(第1管区海上保安本部提供)

 11日午前10時20分ごろ、北海道羅臼町の羅臼漁業無線局から「帰港中の漁船8隻が、流氷に阻まれ動けなくなった」と根室海上保安部へ通報があった。現場は羅臼漁港から南南東に約1キロの根室海峡で、乗組員計56人にけがはなく、浸水などの被害もないという。
 根室海保によると、8隻はいずれも羅臼漁協所属で、19トンのスケトウダラ刺し網漁船。羅臼海上保安署の砕氷巡視船「てしお」が救助活動しており、11日夕までに2隻が羅臼漁港に帰港した。全ての漁船の救助には時間がかかる見通し。
 通報時の海上の気温は氷点下0・8度。11日早朝の出港時は、流氷はまばらだったという。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月11日土曜日


先頭に戻る