全国・海外のニュース

世界スノボで鬼塚が銅、藤森8位 女子スロープスタイル

スロープスタイル女子決勝 鬼塚雅の1回目=シエラネバダ(共同)

 【シエラネバダ(スペイン)共同】スノーボードの世界選手権は11日、スペインのシエラネバダでスロープスタイルの決勝が行われ、予選をトップ通過した2015年の前回大会女王の鬼塚雅(フリー)は77・40点で3位となり、銅メダルを獲得した。
 鬼塚は1回目で70・85点をマークしてトップに立ったが、2回目で逆転を許し、2連覇を逃した。冬季五輪3大会連続出場の藤森由香(アルビレックス新潟)は32・95点で8位だった。ローリー・ブルイン(カナダ)が78・00点で勝った。
 日本勢が出場していない男子はセッペ・スミッツ(ベルギー)が91・40点で優勝した。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月11日土曜日


先頭に戻る