全国・海外のニュース

萩野2種目制覇、マドリードOP 「いい内容」と手応え

男子200メートル自由形で優勝し、笑顔の萩野公介=マドリード(共同)

 【マドリード共同】競泳のマドリード・オープン第2日は11日、マドリードで行われ、リオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(東洋大)が200メートル個人メドレーと200メートル自由形に出場し、いずれも優勝した。
 両種目の予選と決勝の計4レースを泳ぎ、200メートル個人メドレー決勝は1分58秒07、200メートル自由形決勝は1分47秒95だった。昨年9月下旬に右肘手術を受けた萩野は今大会が復帰戦で「いい内容のレースができた。前進しているのが実感できる」と手応えを語った。
 最終日の12日は400メートル自由形に出場予定。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月12日日曜日


先頭に戻る