全国・海外のニュース

ジャンプ、伊東が今季最高の4位 W杯男子第22戦

今季日本勢最高の4位になった伊東大貴=オスロ(共同)

 【オスロ共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は12日、オスロで個人第22戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、伊東大貴(雪印メグミルク)が127・5メートル、124・5メートルの合計243・5点で今季日本勢最高の4位となった。1回目に3位につけたが、惜しくも表彰台を逃した。
 44歳の葛西紀明(土屋ホーム)は120メートル、123・5メートルの221・4点で13位、竹内択(北野建設)は122・5メートル、114メートルの209・2点で24位だった。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月13日月曜日


先頭に戻る