全国・海外のニュース

競泳の萩野「有意義な3日間」 最終日は400m自由形V

 【マドリード共同】競泳のマドリード・オープン最終日は12日、マドリードで行われ、昨年9月に右肘を手術したリオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介は400メートル自由形に出場し、自身の持つ日本記録から5秒あまり遅い3分49秒21で優勝した。
 約半年ぶりの実戦となった今大会は、3日間で400メートル個人メドレーなど出場した5種目全てを制した。萩野は「非常に有意義な3日間だった。100パーセント、今の自分にできることをした」と納得の表情を浮かべた。4月の日本選手権を見据えて今後もスペインで高地合宿を続け、今月末に帰国する予定。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月13日月曜日


先頭に戻る