全国・海外のニュース

<大阪6人負傷>被告に無罪判決

 大阪府豊中市で2015年、車で小学生ら6人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法の危険運転致傷罪と過失傷害罪に問われた会社員中村恵美被告(51)の判決で、大阪地裁は13日、無罪を言い渡した。一方、自宅で母親を扇風機などで殴り、けがを負わせたとする傷害罪では罰金30万円とした。求刑は懲役4年6月だった。
 事故については運転前に服用した睡眠導入剤の影響があったかが争点だった。田村政喜裁判長は判決理由で、事故時は仮睡状態だったが、当時の薬の効果は推測できないと指摘した。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月13日月曜日


先頭に戻る