全国・海外のニュース

<PKO撤収>首相 昨年9月に検討

参院予算委で答弁する安倍首相=13日午前

 安倍晋三首相は13日の参院予算委員会の集中審議で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)からの陸上自衛隊の撤収方針について、11次隊の派遣延長を昨年10月に閣議決定する前の同年9月から具体的に検討していたと説明した。南スーダンが撤収方針に理解を示していると指摘し、一連の判断の正当性を訴えた。稲田朋美防衛相は、PKO参加5原則は維持され、現地の治安情勢の変化を理由とする撤収でないとの認識を強調した。
 自民党の山谷えり子、民進党の小川敏夫氏への答弁。小川氏は南スーダンの治安情勢悪化を踏まえ「自衛隊員の安全確保が撤収の本当の理由ではないか」とただした。


2017年03月13日月曜日


先頭に戻る