全国・海外のニュース

<北ミサイル>水産庁 発射情報は落下20分後

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射した情報を、水産庁から日本周辺を航行する船舶に伝えたのは落下から約20分が経過した後だったと明らかにした。
 ミサイル発射情報について「どこに飛んでくるか、どの方向かを事前に察知することは極めて難しい。今回の経緯をしっかり検証し、さらに迅速な情報伝達に努めたい」と強調した。
 北朝鮮は6日午前7時34分ごろ、北西部東倉里付近から東に弾道ミサイルを発射。菅氏は「7時47分ごろ関係省庁から船舶に対する警報を出した」と明らかにしたが、水産庁からは落下から20分後だったと説明した。


2017年03月13日月曜日


先頭に戻る