全国・海外のニュース

南スーダンなどに30億円 飢餓対策緊急支援

 岸田文雄外相は14日の記者会見で、南スーダンを含むアフリカや中東の6カ国の飢餓対策として食料支援など2600万ドル(約30億円)の緊急無償資金協力を閣議決定したと発表した。南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)から陸上自衛隊を撤収させるものの、人道支援分野で貢献を継続する姿勢を示した。
 岸田氏は「(食料不足に対する)国際社会の危機感は大きい。グテレス国連事務総長からの要請も踏まえ、日本は支援していく」と述べた。対象国は、国連が食料不足を指摘し各国に支援を求めた南スーダンやソマリア、ナイジェリアやイエメンなど。


2017年03月14日火曜日


先頭に戻る