全国・海外のニュース

<東芝>決算報告を再延期 提出期限4月11日

東芝の屋外看板=1月、東京(ロイター=共同)

 経営再建中の東芝は14日、関東財務局に対し2016年4〜12月期連結決算を含む「四半期報告書」の提出の再延期を申請し承認されたと発表した。破綻処理の検討に入った米原発子会社の問題を巡って監査法人の承認が得られていないため。提出期限は4月11日。米原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の株式過半を売却する方針も明らかにした。決算の連結対象から外し、将来の損失発生を防ぐ。
 今回の決算延期は2月14日に続き2回目。東芝は15年の不正会計問題で東京証券取引所から内部管理の改善を促す「特設注意市場銘柄」に指定されている。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年03月14日火曜日


先頭に戻る