全国・海外のニュース

<福岡死亡火災>「被害防止困難」院長不起訴

2013年10月、火災で10人が死亡し5人が負傷した「安部整形外科」=福岡市博多区

 福岡市博多区の有床診療所「安部整形外科」で2013年10月、入院患者ら10人が死亡し5人が負傷した火災で、福岡地検は14日、防火管理を怠ったとして業務上過失致死傷容疑で書類送検された院長の男性(49)を不起訴処分とした。適切な防火措置を取っていても被害は防げなかったと判断したとみられる。
 火災は13年10月11日午前2時すぎ、医療器具の電源プラグから出火。建物内に煙が充満し、患者や院長の家族ら計10人が死亡した。院長は、ストッパーを挟むなど防火扉を適切に管理しなかったほか、避難訓練の実施や消防計画の作成を怠り、患者らを死傷させたとして書類送検された。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月14日火曜日


先頭に戻る