全国・海外のニュース

東証、東芝株を監理銘柄に指定へ 上場維持か審査

 東京証券取引所は14日、東芝株を上場廃止の恐れがある「監理銘柄」に15日付で指定すると発表した。不正会計などで欠陥を露呈した経営管理体制に改善が認められれば、上場を維持する。取り組みが不十分だと上場廃止になる。日本取引所グループ(JPX)傘下の自主規制法人が審査し、1年以内に結論を出す見込みだ。名古屋証券取引所も東証と同様の措置を取る。
 東証は2015年9月、不正会計問題を踏まえ、経営管理体制に問題があることを示す「特設注意市場銘柄」に東芝株を指定していた。
 東芝は昨年9月、改善状況を記した「内部管理体制確認書」を提出したが、改善が不十分と判断された。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年03月14日火曜日


先頭に戻る