全国・海外のニュース

<石川高1殺害>空き家玄関は学生が施錠か

信州大1年の男子学生が下宿していたアパートの家宅捜索を終え、段ボールを抱えて出て行く石川県警の捜査員=14日午後、長野県松本市

 石川県能登町の空き家で県立能登高1年池下未沙さん(16)が殺害された事件で、遺体が発見された際に空き家の玄関が施錠されていたことが14日、珠洲署への取材で分かった。県警は、関与が疑われ事故死した信州大1年の男子学生(21)が空き家の玄関の鍵を閉めたとみている。
 県警は14日、学生が下宿していた長野県松本市のアパートを殺人容疑で家宅捜索し、日記や雑誌など約30点を押収した。空き家で見つかった学生のものとみられるパソコンやスマートフォンとともに解析し、事件との関連を捜査する。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月14日火曜日


先頭に戻る