全国・海外のニュース

<森友学園>稲田氏一転「出廷を確認」謝罪

参院予算委で答弁を求め挙手する稲田防衛相。「森友学園」の訴訟に関与していないとした前日の答弁を撤回、謝罪した=14日午後

 稲田朋美防衛相は14日の参院予算委員会で、大阪市の学校法人「森友学園」の訴訟に関与していないとした13日の答弁を撤回し、謝罪した。「2004年12月9日に裁判所に出廷したのを確認したので訂正し、おわびしたい」と語った。安倍晋三首相は衆院本会議で「今後とも誠実に職務に当たってもらいたい」と述べ、辞任は不要だと擁護した。野党は稲田氏の辞任を要求した。
 予算委で、稲田氏は学園との顧問弁護士契約に関し「夫が締結したが、その後(弁護士)事務所が法人化した。(一員である私に)責任が全くないとは言えない」と話した。


2017年03月14日火曜日


先頭に戻る