全国・海外のニュース

<春闘>ベア2年連続前年割れ

集中回答日を迎え、ボードに各社の回答を書き込む担当者=15日午前、東京都中央区
主要企業の2017年春闘回答

 2017年春闘は15日、主要企業の集中回答日を迎えた。最大の焦点となったベースアップ(ベア)は、トヨタ自動車が前年を下回るなど、トランプ米大統領の経済政策への懸念から多くの企業が前年の妥結水準を2年連続で下回った。ベアは4年連続だが、政府が求めた「少なくとも前年並みの賃上げ」は実現せず、安倍政権主導の「官製春闘」に限界が見え始めている。
 一方、直近の業績を反映する一時金(ボーナス)は、トヨタや日産自動車、ホンダが満額回答した。日立製作所や三菱電機も労働組合の要求に近い水準で妥結した。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る