全国・海外のニュース

読売新聞記者が談話捏造 取材せず記事執筆

 読売新聞東京本社は15日、7日付夕刊と一部地域の8日付朝刊に掲載した「帰還しない職員 昇格・昇給なし 楢葉町長」の記事で、福島県・いわき支局の男性記者(25)が町長に取材をせずに談話を捏造していたと明らかにした。15日付の朝刊に談話部分を削除するとの「おわび」を掲載した。記者の懲戒処分を検討している。
 記事は福島県楢葉町の松本幸英町長が、昨年11月の庁議などで「避難先から帰還しない職員は昇格・昇給させないようにする」との趣旨の発言をしていたと報じた。
 同社によると、男性記者は同町に確認をせず、この内容を掲載していた複数の他紙を参考にして記事を執筆した。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る