全国・海外のニュース

令状なしGPS捜査は違法 最高裁が初判断

令状を取らずに捜査対象者の車にGPS端末を取り付ける捜査手法は違法との初判断を示した最高裁大法廷=15日午後

 捜査対象者の車に、警察が衛星利用測位システム(GPS)端末を取り付ける捜査手法について、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は15日、窃盗事件の上告審判決で「プライバシーを侵害するため、強制捜査に当たる」との初判断を示し、令状を取らなかった警察の捜査を違法と指摘した。
 その上で、刑事訴訟法の「検証許可状」(令状)を用いることには「疑義がある」とし、GPS捜査のための新たな立法措置を講じるべきだと述べた。
 大法廷が審理したのは、関西を中心に店舗荒らしや車両盗を繰り返した罪に問われた男(45)の事件。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る