全国・海外のニュース

東芝、融資継続へ担保提供 銀行団に3度目の要請

 経営再建中の東芝は15日、東京都内の本社で会合を開き、取引のある銀行団に対して新たな担保を提供する方針を伝え、4月末までの融資継続を求めた。昨年12月に米原発の巨額損失が発覚して以降、融資継続の要請は3度目。
 新たな担保は、半導体事業から分社化する新会社「東芝メモリ」の株式や保有する不動産、グループ会社の株式など。担保の提供や融資継続に関して月内の回答を要請した。
 三井住友、みずほ、三井住友信託の主力3行は支援を継続する方針を表明した。東芝は主力行や地方銀行から約2800億円の協調融資を受けている。担保の提供で銀行団の理解を得たい考えだ。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る