全国・海外のニュース

パラW杯、スキー距離の新田がV 平昌テスト大会

 【平昌共同】平昌冬季パラリンピックのテスト大会を兼ねた各競技のワールドカップ(W杯)が15日、平昌などで行われ、ノルディックスキー距離クラシカルの男子立位(10キロ)で2010年バンクーバー・パラリンピック金メダルの新田佳浩(日立ソリューションズ)が優勝した。16歳の川除大輝(日立ソリューションズJSC)が7位。
 女子立位(7・5キロ)の阿部友里香(日立ソリューションズJSC)は7位、男子視覚障害(7・5キロ)の高村和人(盛岡視覚支援学校教)は10位だった。
 アルペンスキーはスーパー大回転が行われ、女子座位の村岡桃佳(早大)が2位に入った。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る