全国・海外のニュース

「女性宮家」創設検討を 退位に「国民共感」、国会見解案

衆参両院の正副議長(奥)が各党派の代表に天皇陛下の退位を巡る国会見解案を提示した全体会議=15日午後、衆院議長公邸

 天皇陛下の退位を巡り、衆参両院の正副議長は15日、各党派の全体会議を衆院議長公邸で開き、陛下一代限りの特例法制定を柱とする国会見解の案を提示した。「女性宮家」創設等について、法施行後、政府が速やかに検討することが「各党派の共通認識」と明記。具体的時期は各党派で協議し付帯決議に盛り込むと提案した。特例法には、陛下退位に「国民が共感」と書き込むよう提言した。17日に会議を再び開いて最終決定した上で、安倍晋三首相に伝達する。
 国会見解を受けて政府の有識者会議は22日に議論を再開し、4月下旬に最終提言をまとめる方針。


2017年03月15日水曜日


先頭に戻る