全国・海外のニュース

子ども食品窒息死103人 未就学児8割

 消費者庁は15日、菓子や果物、パンなど食品を気管に詰まらせて窒息死した14歳以下の子どもが2014年までの5年間で103人に上り、うち約84%の87人が0〜6歳の未就学児だったとの集計結果を公表した。厚生労働省の人口動態統計の死亡調査票を分析した。
 年齢別では0歳が49人で最も多く、次いで1歳18人、2歳9人、3歳6人、8歳4人の順。食品別ではマシュマロやゼリー、団子など菓子11件、リンゴなど果物5件、ホットドッグなどパン4件が目立った。餅、すし、焼き肉、唐揚げ、チーズによる死亡例もあった。


2017年03月15日水曜日


先頭に戻る