全国・海外のニュース

米消費者物価0・1%上昇 2月、プラス傾向続く

 【ワシントン共同】米労働省が15日発表した2月の消費者物価指数(季節調整済み)は、前月比0・1%上昇した。前年同月比(季節調整前)では2・7%上昇した。
 前月比、前年同月比とも物価はプラス傾向が続いている。
 ただ、トランプ政権による景気刺激策に期待が高まる中、足元の物価上昇のペースはやや鈍い。
 月ごとの変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は前月比0・2%上昇。前年同月比では2・2%上昇した。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る