全国・海外のニュース

TPP、多様な選択肢検討 米抜き11カ国、方向示せず

共同記者会見するTPP参加国の閣僚ら=15日、チリ中部ビニャデルマル(共同)

 【ビニャデルマル共同】チリのムニョス外相は15日、米国を除く環太平洋連携協定(TPP)11カ国の閣僚会合後に共同記者会見し、今後の通商枠組みで多様な選択肢を検討することを確認したと述べた。米国の離脱通知後、初めて開かれた会合は各国の意見の隔たりから、枠組みの方向性を具体的に示せなかった。TPPは発効しないまま漂流が予想される。
 5月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合に合わせ、再び11カ国の閣僚会合を開くことで一致。事務レベルで準備会合も開く。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年03月16日木曜日


先頭に戻る