全国・海外のニュース

自身の父も籠池氏と面識と稲田氏 森友学園問題

 稲田朋美防衛相は15日の参院予算委員会で、大阪市の学校法人「森友学園」の問題に絡み、学園の理事長退任の意向を示した籠池泰典氏と、自身の父親も面識があったことを認めた。「籠池氏について父が語っているのは聞いているが、父が親しかったとは認識していない」と述べた。
 民進党の杉尾秀哉氏が「稲田氏の父親は、関西の保守運動で有名な方で、立派な教育者だと聞いている。父を通じて籠池氏と知り合ったのでは」と質問したのに答えた。
 稲田氏は自身が籠池氏と知り合ったきっかけについて「私も大阪で裁判などしていたので、そういう際に籠池氏と面識を得たのではないか」と語った。


2017年03月16日木曜日


先頭に戻る