全国・海外のニュース

沖縄知事差し止め訴訟検討 政府の辺野古許可不申請

記者会見する沖縄県の翁長雄志知事=16日午前、沖縄県庁

 沖縄県の翁長雄志知事は16日午前、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を巡り、3月末に期限となる知事権限の「岩礁破砕許可」を再申請しないと政府から通知があったのを受け、県庁で記者会見した。「許可は必要」とする立場を強調し、政府が再申請せず4月以降も工事を続けた場合は「工事差し止め訴訟の検討を含め、あらゆる法的手段を駆使して厳正に対応する」と述べた。
 岩礁破砕許可は、漁業権が設定された水域で海底の岩石などを壊す際に必要とされ、辺野古移設を容認した仲井真弘多前知事が出した。


2017年03月16日木曜日


先頭に戻る