全国・海外のニュース

<正男氏殺害>北朝鮮へ遺体搬送の選択も

 【クアラルンプール共同】マレーシア警察のノール・ラシド・イブラヒム副長官は16日の記者会見で、北朝鮮の金正男氏殺害事件に関連し「マレーシア政府が遺体の取り扱いを決めることに(正男氏の)親族が同意した」と述べた。
 マレーシア政府はこれまで、親族へ遺体を引き渡すことを最優先にしてきたが、副長官の発言は、親族が遺体の引き取りを希望しておらず、北朝鮮へ引き渡す選択肢もあり得ることを示唆している。
 マレーシアと北朝鮮は、双方が自国にいる相手国国民の出国を禁止した措置の解除や、遺体の搬送などについて13日から協議を開始した。


関連ページ: 全国・国外 国際

2017年03月16日木曜日


先頭に戻る