全国・海外のニュース

<日米外相>北の核容認せず 中国に対応要求

日米外相会談に臨む岸田外相(右端)とティラーソン米国務長官(左側中央)=16日午後、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)

 岸田文雄外相は16日、ティラーソン米国務長官と東京都内で会談した。北朝鮮の核・ミサイル開発は「断じて容認できない」として、北朝鮮に挑発行動の自制と国連安全保障理事会決議の順守を求めることで一致した。核開発阻止に向け、中国に建設的な役割を果たすよう働き掛ける方針も確認した。中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題への懸念を共有。外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の早期開催へ調整を加速させる方針を申し合わせた。
 ティラーソン氏はこの後、安倍晋三首相とも会談した。


2017年03月16日木曜日


先頭に戻る