全国・海外のニュース

甲子園練習に早実、明徳など 最終日、12校が30分ずつ調整

甲子園練習でグラウンドに駆けだす清宮(手前)ら早実ナイン=甲子園

 第89回選抜高校野球大会(19日開幕)の出場校による甲子園練習最終日は16日、甲子園球場で行われ、肌寒い中、早実(東京)や明徳義塾(高知)など12校が30分ずつ調整した。
 早実は清宮、野村の3、4番コンビが打撃練習で豪快な柵越えを放った。1回戦で早実と戦う明徳義塾は、各打者がコンパクトにスイングし、ライナー性の当たりを飛ばした。最速149キロを誇る熊本工のエース山口は、投球練習で快速球を披露した。
 18日は開会式リハーサルが行われる。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月16日木曜日


先頭に戻る