全国・海外のニュース

米体操協会会長が辞任 セクハラ問題が発覚

 関係者による若手選手へのセクハラ問題が発覚した米国体操協会は16日、スティーブ・ペニー会長が辞任したと発表した。後任は未定。
 昨年12月に米紙インディアナポリス・スターが米国体操界でコーチらによるセクハラ行為がまん延し、少なくとも368人の選手が被害に遭ったと報じた。米国協会でチームドクターを務めていた男性が複数の性的暴行の罪で起訴された。(ニューヨーク共同)


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月17日金曜日


先頭に戻る