全国・海外のニュース

大関豪栄道休場、かど番へ 右足首負傷、5週間の加療

豪栄道

 大相撲の東大関豪栄道(30)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が春場所6日目の17日、日本相撲協会に「右足関節外側靱帯損傷で約5週間の加療を要する」との診断書を提出して、休場した。師匠の境川親方(元小結両国)によると、再出場はしない方針で5月の夏場所は5度目のかど番となる。
 先場所は勝ち越した後で右足首を痛めて途中休場。ご当地となる今場所は負傷の影響が残り、2日目から4連敗と不振だった。昨年9月の秋場所で初優勝した豪栄道の休場は2場所連続6度目。6日目に対戦が組まれていた関脇玉鷲は不戦勝。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月17日金曜日


先頭に戻る