全国・海外のニュース

米中対話、枠組み再構築を検討 スリム化で効率重視

前回、北京で開かれた米中戦略対話=2016年6月(共同)

 【ワシントン共同】米中両政府が外交や経済の課題を協議するため毎年開いている閣僚級の「米中戦略・経済対話」について、トランプ米政権が枠組みの再構築を検討していることが16日、分かった。協議の効率を高めるため参加人数を減らしたり、会議を分割したりしてスリム化することを視野に入れている。4月中の実現を目指すトランプ大統領と習近平国家主席の首脳会談などでも協議する見通し。複数の米中関係筋が明らかにした。
 トランプ氏は貿易不均衡や為替を巡る問題で具体的な成果を得ることを重視している。


関連ページ: 全国・国外 国際

2017年03月17日金曜日


先頭に戻る