全国・海外のニュース

美代子元被告親族、再び無期懲役 尼崎連続変死事件

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、角田美代子元被告=自殺、当時(64)=の義理のいとこに当たり、殺人などの罪に問われた李正則被告(42)の控訴審判決で、大阪高裁は17日、無期懲役とした一審神戸地裁の裁判員裁判の判決を支持、被告側の控訴を棄却した。
 8人が死亡、3人が行方不明となった一連の事件は、起訴された7人の控訴審までの審理が全て終結。李被告は3人に対する殺人など計10の罪に問われ、一審で終結したケースを含めて量刑が最も重かった。
 笹野明義裁判長は判決理由で「美代子元被告に次ぐ重大な役割を積極的に果たし、右腕ともいうべきだ」と指摘した。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月17日金曜日


先頭に戻る