全国・海外のニュース

建設・運転手にも残業上限 働き方改革会議

働き方改革実現会議で発言する安倍首相=17日午後、首相官邸

 政府は17日、残業時間の規制について、1カ月100時間未満とする上限を建設業や自動車の運転業務にも適用する方針を固めた。現在の制度で規制の対象から除外しており一定の猶予期間を設ける。発注元や荷主、利用者などの協力も得て、長時間労働を招くような取引慣行の改善に取り組む。
 同日の働き方改革実現会議で安倍晋三首相は「業界の担い手を確保するためにも猶予期間を設け規制を適用する方向としたい」と述べた。政府は残業の上限を盛り込んで労働基準法を改正する方針。これにより新技術や新商品の研究開発を除き、ほとんどの民間の業種と職種が対象になる。


2017年03月17日金曜日


先頭に戻る