全国・海外のニュース

オール電化販売で虚偽説明 業者業務停止6カ月

業務停止命令を受けた「キュートーシステム」のパンフレットや契約書

 消費者庁は17日、オール電化設備について「今日だけお得な金額になる」とうそを言い、通常価格で契約を勧誘したのは特定商取引法違反(不実告知など)として、福岡市の設備販売施工会社「キュートーシステム」に新規勧誘など一部の業務停止6カ月を命じた。
 消費者庁によると、同社はオール電化設備を工事費や税込みで通常約85万〜90万円で販売。昨年7月に訪問販売で「今日でなければ、この金額で契約できない」と安くなるよう装い、通常価格での契約を持ち掛けた。
 同社はIHクッキングヒーター専用の鍋の訪問販売も展開。「電気代が3分の1になる」と虚偽の説明で購入を働き掛けた。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月17日金曜日


先頭に戻る