全国・海外のニュース

ロシア、米MD配備を議題に 日本との閣僚協議

 ロシア外務省は17日、声明を発表し、20日に東京で開催する日ロ外務・防衛閣僚協議(2プラス2)で、米国がアジア太平洋地域を含めた世界各地で配備するミサイル防衛(MD)を議題として取り上げると表明した。
 ロシアは米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備が「戦略バランスを崩す」と批判しており、米MD網の一部に組み込まれている上、THAAD導入を検討している日本に対しても懸念を伝える方針だ。
 このほか対テロや麻薬問題での協力強化に向けて意見交換したい意向を示した。(共同)


関連ページ: 全国・国外 国際

2017年03月17日金曜日


先頭に戻る