全国・海外のニュース

<フィギュア>本田真凜、女子SPで2位

女子SP 演技する本田真凜=台北(共同)
女子SPで3位に入った坂本花織=台北(共同)

 【台北共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第3日は17日、台北で行われ、女子ショートプログラム(SP)で日本勢初の2連覇を目指す本田真凜(大阪・関大中)は2連続3回転ジャンプを決めるなど、ほぼミスのない演技で自己ベストの68・35点をマークして2位につけた。
 ジュニアグランプリ(GP)ファイナル3位の坂本花織(神戸FSC)は67・78点で3位、昨季4位の白岩優奈(関大KFSC)は62・96点で5位。ジュニアGPファイナル女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が70・58点で首位に立った。18日にフリーが行われる。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月17日金曜日


先頭に戻る