全国・海外のニュース

NY円、一時112円57銭 2週間半ぶり円高水準

 【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク外国為替市場の円相場は一時、1ドル=112円57銭と2週間半ぶりの円高水準をつけた。
 米指標が示す期待インフレ率が下がったため、米国の利上げペースが緩やかになるとの見方が強まり、長期金利が低下。日米の金利差の縮小が意識され、ドル売り円買いが優勢となった。
 午後5時現在は前日比57銭円高ドル安の1ドル=112円68〜78銭。ユーロは1ユーロ=1・0733〜43ドル、120円98銭〜121円08銭だった。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年03月18日土曜日


先頭に戻る